学校では教えてくれない英語|not it

学校では教えてくれない英語
"not it"

映画やドラマの字幕・吹替について思うこと、子育てや日々の生活で感じたことなど、自由に書いています

By Kazuki Nakama

知っておくと得をする英語のフレーズを紹介したいと思います。

今回もまた、Netflixのオリジナルシリーズ『ユニークライフ』のシーンから拾ってきました。

『ユニークライフ』は、自閉症を抱える高校生の主人公サムが生まれて初めて彼女をつくろうと奮闘する姿と、それを支える家族の挑戦の日々をコミカルに描いた作品です。

シーズン1第1話の20:11辺り。
サムと、その妹のケイシーが二人で留守番をしていると、玄関のチャイムが鳴ります。そこでケイシーが一言。

Not it.

一瞬意味が分からないですよね?
吹き替えや字幕の翻訳では次のようになっています。

【吹替】
出てよ

【字幕】
出て

お分かりだと思いますが、厳密にいうと「not it = 出て」という意味にはなりません。

”Not it”をGoogle翻訳にかけてみると「そうじゃない」となるようですが、無理矢理日本語をあてるとすると、「私やらないよ」「僕はやらないよ」といった感じになります。

つまりこのフレーズは、複数人が同じ場所にいる状況で、誰もすすんでやりたがらないような何かしらのタスクが発生したときに、そのタスクの責任を押しつけ合うときに使うんです。

“Not it”と発言した人はその責任から逃れられて、その場にいる人の中で一番最後まで”Not it”と発言できなかった人が、自動的にその責任を負わないといけないという流れです。

いわば責任の押しつけ合いゲームみたいなものですね。笑

『ユニークライフ』のシーンで説明すると、サムとケイシーが家にいるときにチャイムが鳴り、ソファから動きたくないケイシーはサムに出てもらいたくて瞬時に”Not it”と言ったんです。

このシチュエーションでは「出て」と、一番わかりやすくて自然な訳語があてられていますが、この”Not it”の本当の意味を知っていると、ケイシーの性格や、サムとケイシーの兄妹関係がより伝わりやすくなると思います。

さて、ここまで読み進めながら、”Not it”が使えるシチュエーションを想像してみた方の中には、ダチョウ倶楽部を思い浮かべた方も多いんじゃないでしょうか?

 

 

若干ニュアンスは違いますが…

みなさんも、兄弟同士や友達同士で”Not it”を使ってみて、楽しく責任の押しつけ合いをしてみてはいかがでしょうか?

職場でも使えたりするのか…

こんなシチュエーションでも使えそうだよという、おもしろいアイデアがあれば教えてくださいね。

気に入ってくれた方はシェアお願いします!