言語は文化



現場の通訳をしていると
海外からの技術員と地元の作業員との間で
職人としてのプライドがぶつかることがあります。

そういう不満をお互いに伝える際に
通訳でお手伝いするのですが、
直訳してしまうと
更に余計な不満が生まれることもあるので
慎重に言葉を選んで通訳する必要があります。

これが相当な神経を使うんですよね。

午前5時から午後4時くらいまで仕事をしていると
肉体的にも精神的にも疲れてしまいます。

特に、多数の国籍の人間が同じ場所で
共同作業をする場合は
さらに誤解が生まれやすくなります。

人と人
文化と文化

それらが衝突しない程度に近づける。

AIには難しいだろうなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です