トライアルに取り組む



先日トライアルに応募した翻訳会社から
翌日すぐに連絡があり、課題文を送付いただきました。

課題文の分量はそれほど多くはありませんが
その特定技術に関しての知識は薄かったので
少しだけ早く出勤し(朝の4時前。。)
課題文からキーワードを抽出したうえで
ネットで資料を検索してザッと読み
少しずつ理解を深めながら
用語の収集を行いました。

今は土曜日も朝早くから仕事なので、
親戚が一同に会する家族行事に参加せずに
今日は集中して翻訳に取り組みました。

思っていた以上にトラップが多くて
少し驚くと同時にワクワクしました。

とりあえず全文を訳し終え
コメントも書き込みました。

提出期限は火曜ですので、
一晩寝かせたうえで、また明日
チェックを行いたいと思います。

トライアルに取り組む”に対する2件のコメント:

  1. トライアルは本番のシミュレーションです。

    10件ぐらいは経験するつもりで

    どんどん挑戦していってください。

    1. そうですね。
      経験の積み重ねですね。
      頑張ります!

      ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です